ビタミンAの摂取について気をつけたいこと

妊娠中のビタミンA摂取については、副作用の報告があります。
多量にビタミンA を摂取した場合、赤ちゃんに奇形が生じる可能性があり、実際に、そうした事例は多数報告されているのです。

 

とはいえ、ビタミンA を摂取してはならないかというと、決してそうではありません。
むしろ、厚生労働省では、妊娠中のビタミンA摂取を推奨しているほど。
一見矛盾しているようですが、実は、ビタミンAには、お腹の赤ちゃんの成長を助け・促す働きもあるのです。

 

赤ちゃんの成長に重要な役割を果たしているビタミンA。
ではなぜ、ビタミンAの過剰摂取が危険なのでしょう。

 

そもそもビタミンAには、動物由来の「レチノール」と植物由来の「ベータカロチン」があります。
そして、このレチノールの方に、少々困った特徴があるのです。
レチノールは、別名“脂溶性ビタミン”。
その名の通り、油に溶ける性質を持っており、水に溶けにくく、多量に摂取すると(上手く排出されずに)体内に溜まってしまうことがあり、それが赤ちゃんに悪影響となる場合があるのです。

 

ただし、水溶性であるベータカロチンは、レチノールと異なります。
ベータカロチンの場合、必要な分量以外は体外に排出されるため、余剰分が体に残ってしまうリスクがないのです。
ですから、ベータカロチンを豊富に含む緑黄色野菜を多く食べても、それがビタミンAの過剰摂取につながる危険はほぼないと言えます。

 

つまり、ビタミンAと一口に言っても「レチノール」と「ベータカロチン」では性質が違うということ。
レチノールとベータカロチンとでは、妊娠中に摂取した際のリスクが異なるのです。

 

赤ちゃんの成長に重要な意味を持つビタミンA。
ですが、脂溶性であるレチノールを過剰摂取すると、赤ちゃんに悪影響を与える危険があります。そのため、厚生労働省では、ベータカロチンでビタミンAを摂取することを勧めているのです。

 

ビタミンAはどれくらい摂るのがベスト?

妊娠中のビタミンA(レチノール)の過剰摂取には、お腹の赤ちゃんに奇形を生じさせるリスクがあるとご説明してきました。
では、どれくらいの量なら安全で、どれくらい摂取すると危険なのでしょうか。
まず摂取すべき量は、レチノール・ベータカロチン合わせて、妊娠中では1日670μg、授乳中においては1020μgとされています。
一方、危険があるとされる量は3000μg以上とのこと。

 

3000μgのレチノールといっても、なかなかイメージが湧きませんよね。
具体的な例をあげると、レチノールが多く含まれる鶏レバーなら100gあたりレチノール含有量は14000μg。その他、豚レバーやウナギなどもレチノール量が高い食べ物です。

 

ですから、レバーやウナギといったレチノール含有量の高いものにさえ気をつけていれば、妊娠中のビタミンAの過剰摂取は防げます。決して難しいことではないでしょう。

 

そして、ビタミンAを摂取するなら、ベータカロチンでの摂取をメインに。
ほうれん草やカボチャといった野菜を通して摂った方がいいでしょう。

 

もちろん、ビタミンAはサプリメントでの摂取も可能です。
ただし、サプリは食品よりも吸収率が高いため、妊娠時に摂取する場合は、容量を守って使用するのはもちろんのこと、お医者さんに相談されることをオススメします。

プレミンパパ ママ


プレミンパパ ママ

価格 容量 おすすめ度
\4,500〜 84粒 おすすめ度
成分 返金保証 送料
妊活サプリ なし 定期便無料


公式サイトへ