妊娠確率は年齢により変化します

不妊治療が進んだことによって、今では40代以上の女性でも妊娠出産を迎える人々が増えてきました。そのため、中には年齢にかかわらず何時でも妊娠することが出来ると考える方も多いかもしれません。しかし、実際は健康で身体に全く問題のない女性であっても、確実に年齢が上がるごとに妊娠する確率は低下していくものなのです。年齢が上がれば、女性は年々女性ホルモンの分泌が少なくなっていくのは自然現象です。
また、毎日新しく作られる精子とは異なり、卵子の数は女性が産まれた時から決まっていて、年齢とともに卵子は古くなり、質も低下していきます。

 

そのため、妊娠しにくくなったり、また妊娠しても先天性の障害を持った子供が産まれる確率も流産の確率も高まるのです。

 

はじめに述べたように、今は不妊治療も進化して、妊活サプリメントなども多数出回っていることから、妊娠しにくい年齢になっても出産をする人々がいるのも事実です。ですが、年齢とともに妊娠や出産時のリスクが上がるというのもまた事実なのです。ですから、妊娠を考える場合はこれらの事を軽視してはいけないでしょう。

プレミンパパ ママ


プレミンパパ ママ

価格 容量 おすすめ度
\4,500〜 84粒 おすすめ度
成分 返金保証 送料
妊活サプリ なし 定期便無料


公式サイトへ